--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

11

24

コメント

「薄暮(haku-bo)」東京公演感想

こんにちは。すっかり外が凍てついてきました。
札幌。
冬将軍様がとばしております。
寒いです。もう、寒いです。

あと一週間後には札幌公演も千秋楽です。
書いてて気がつきました。びっくり。

ということで、直前公開!東京公演の感想です。
たくさん寄せていただいた感想の中から、ほんの一部を抜粋させていただきます。
感想は、公演が終わってから観たい派の方はそっと閉じてください。

(東京公演感想)
☆懐かしさを感じることのできる時間で、おなかいっぱいになりました。ごちそうさまでした。
☆想像していたのとは違っていましたが、面白かった。特にちゃぶ台、高野豆腐のくだり。始まり部分で期待はずれ?感あったのですが、どんどん引き込まれていきました。雪の仕掛けも良かったです。質感と照明があっていました。
☆変!役者も垢抜けないし、間違えているし、なのに妙にハマりました。いいしょやーとかホーマックとか北海道ネタが面白かったです。
☆地方出身者の心と時間をよく描いていると思います。役者もクセがあっていいですね。
☆なんだかわからないけど、面白い。素の舞台、小道具たくさん、シュールな会話、ヌイグルミや灯りや映像、降りしきる紙がイメージを誘う。わが町とも言い切れないさびしさ、その先の死がうまく表現されている。
☆オープニングで上手から5人が出てきて、下手のお二人の白い洋服が「ぼやっ」としていたのが印象に残っています。あの「ぼやっ」加減が不思議な感じでした。そして、そのあと3.11のあの薄暗い東京の地元の夜を思い出しました。あまりに明るい街に慣れているのであの暗さは今でも覚えています。渋谷のスクランブル交差点も暗かったなぁと。
☆1作ごとに変わる作品にはいつもワクワクしています。いつも北の空気を運んで来てくださりありがとうございます。今日はしんみり静かでした。冬が来ます。これからもどんどん変化してゆくのでしょうが、攻め続けてくださいませ。どこへ落ちていくかわからないハラハラはそれはそれで心地よいです。

などなど、たくさんの感想を寄せていただきました。
ありがとうございます。
載せきれなかったみなさまごめんなさい。
座組み一同しっかり目を通させていただいております。
感謝感謝です。

木曜日からは札幌公演が始まります。
あと3日。最後までぐぐぐっと持っていきたいと思っています。

今日は稽古で劇場をお借りしていますが、
コンカリの空間で観る薄暮はなんだか広くて高くて、そして、やっぱりホームに帰ってきた感じがします。
明日からは仕込みます。テクニシャンズたちによって、薄暮空間が立ち上がっていくことでしょう。
今日は匂いを残す程度に。

ぜひたくさんの方にご来場いただきたい作品です。
いつだってそうだけど、今作品は特に。札幌の人の目で、雪が降る街の人の目で観て欲しい。
ご予約お待ちしています〜

(菜摘)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

intro

Author:intro
intro次回公演

札幌演劇シーズン2017・夏 参加作品
「わたし−THE CASSETTE TAPE GIRLS DIARY-」

日時:
2017年8月16日(水)〜23日(水) 
      8日間、計8回公演

会場:
生活支援型文化施設コンカリーニョ

詳細マテ。
~~~~~~~~~~~~~~~
札幌の劇団です。
脚本・演出のイトウワカナほか、
俳優7名、音響1名で構成されています。

シンプルアーカイブ

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。